「買い物かご除菌装置」にかごを入れる小島隆一支配人=佐賀市のゆめタウン佐賀

 ゆめタウンなどを運営するイズミ(広島市)は9月から、中国・九州地方のゆめタウンとゆめマート37店舗に買い物かごに紫外線を照射して除菌する「買い物かご除菌装置」を追加導入した。県内では、ゆめタウン佐賀、ゆめタウン武雄、ゆめマートさがの3店舗。

 装置は、広島大病院感染症科(広島市)の新型コロナウイルス不活化効果の検証結果に基づき、ヒロテック(本社・広島市)と共同で製作した。「安全に配慮され、正しく設置しなければ照射できない仕組み」といい、外板のアクリル板は紫外線を遮断する特性を持っているため、「人体への影響はない」としている。

 12日から導入を開始した佐賀市のゆめタウン佐賀は買い物かごが並ぶ食品売場側の正面入り口付近に設置。担当者が積み上げられた使用済みのかごを定期的に装置に入れて除菌した。小島隆一支配人は「密の回避に加え、安心安全なスムーズなお買い物につながれば」と話した。

 広島県の店舗など54店舗に先行導入していた。(志波知佳)

このエントリーをはてなブックマークに追加