中国恒大集団の経営危機が世界同時株安に発展し、各国で下落した株価などを表示するボード。日経平均株価(中央上)も大幅反落した=21日午後、東京・八重洲

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 中国の不動産大手、中国恒大集団の経営危機が世界同時株安に発展した。連休明け21日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は急落し、2週間ぶりに大台の3万円を割り込んだ。中国経済の失速は世界経済の混乱を招きかねない。資産バブル崩壊への警戒感から、市場には「中国版リーマン・ショック」を懸念する声もあり、中国政府の対応に注目が集まる。

 日経平均株価の終値は前週末比660円34銭安の2万9839円71銭だった。東証株価指数(TOPIX)は35・62ポイント安の2064・55。出来高は13億1900万株。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加