日展や一水会展で活躍した鹿島市出身の画家・納富進(1911~76年)が、戦中から戦後にかけて書き残した日記が見つかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加