アスレチックス戦に先発登板したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 アスレチックス戦の8回、空振り三振に倒れるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは19日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのアスレチックス戦に「2番・投手」で投打同時出場し、8回を5安打2失点、10三振4四死球で勝敗が付かず10勝目はならなかった。1918年のベーブ・ルース以来103年ぶりの「2桁勝利、2桁本塁打」は前回登板に続き、持ち越しになった。今季は9勝2敗のまま。

 打者では2打数無安打、2四球1三振で本塁打は8試合連続で出なかった。44本塁打はリーグ3位で、トップのブルージェイズのゲレロの46本、2位のロイヤルズのペレスの45本も変わらなかった。チームは延長十回、2―3で敗れた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加