北アルプス槍ケ岳の北鎌尾根で身動きが取れなくなった人たちを救出する長野県警のヘリコプター=20日午前6時28分(共同通信社ヘリから)

 北アルプス槍ケ岳=20日午前7時5分(共同通信社ヘリから)

 長野県警

 長野県大町市の北アルプス槍ケ岳(3180メートル)の北鎌尾根で19日、愛知県一宮市の会社役員の男性(56)から「落石があり動けない」と110番があった。長野県警のヘリコプターが20日朝、落石で左ひざを負傷した1人を含む4人を救助した。このほか3人も救助要請していたが、無事が確認された。

 19日午後5時18分ごろ、岐阜県飛騨地方を震源とする地震があり、震度4を観測。この地震が影響した可能性がある。北鎌尾根は整備された一般登山道ではなく、高度な登山技術を必要とするバリエーションルートとして知られている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加