大使召還が発表された在米フランス大使館=17日、ワシントン(ロイター=共同)

 【パリ共同】米英豪3カ国の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」創設によりオーストラリアに潜水艦共同開発計画を破棄されたフランスは17日、駐米、駐豪両大使の召還方針を発表したが、英国に言及しなかった。フランス高官は英国が米国の「属国」になったと侮蔑。相手にしないとの抗議とみられ、同盟関係で異例の対立が一層際立った。

 中ロなどへの対抗軸として民主主義陣営の結束強化を図る米政権は「フランスの立場を理解しており、相違点の解決に向けて取り組む」として修復に努める考えだが、不協和音が広がる恐れがある。

 オーストラリアは、米英の支援で原子力潜水艦を導入する方針。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加