8月中旬の記録的な大雨から1カ月のタイミングとなった定例県議会の一般質問。3日間で登壇した15人の大半が大雨被害の対応状況や治水対策をただした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加