近年頻発する大雨災害を受け、佐賀県は17日、排水機場の操作員の安全確保に向けたマニュアルを新たに作成する方針を明らかにした。大雨などで災害が起きやすい次の出水期までにはまとめたい考え。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加