米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)の外部有識者委員会は17日、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を、65歳以上の高齢者と重症化リスクの高い人に推奨すると合意した。今後、医療従事者ら高リスク職種も加えるよう助言する方針。一方、16歳以上への承認については「副反応リスクのデータが不十分」などとして反対意見が多数を占めた。FDAは意見を尊重するのを通例としている。

 バイデン大統領は2回目接種から8カ月以降の18歳以上を対象に、3回目を9月20日以降に始めると表明しているが、計画変更の可能性も出てきた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加