プペルバスを告知する北崎太一さん(中央)ら

 基山町内の有志による佐賀県内初の「プロギング」が9月27日午前7時半より、町総合運動公園で行われる。プロギングは、ごみ拾いをしながらジョギングを楽しむスウェーデン発祥の活動。11月まで毎月1回、場所やテーマを変えて行うという。事前申し込みは不要。

 きっかけは絵本「えんとつ町のプペル」の光る原画を移動展示する「プペルバス」。町在住の北崎太一さん(40)が「コロナ禍で楽しみが減った子どもたちのために」と友人ら12人と準備を始めた。

 11月は、感染症対策をして地元小学校や保育所、子育て支援施設へのバスの巡回が決定。絵本の登場人物をヒントに、ごみ拾いなどイベント等も企画して地域を盛り上げようと意気込んでいる。プロギングの問い合わせは原田光さん、電話090(9492)9804。(地域リポーター・江藤裕子=基山町)

このエントリーをはてなブックマークに追加