「謎のエリア」-。佐賀県議会一般質問で、国指定特別史跡の吉野ケ里遺跡(神埼市郡)の現状をただした議員は、今なお残る遺跡の未調査区域をこう表現した。「発掘すれば新たな発見があり、より弥生時代の実像に迫ることが可能になるのではないか」と指摘した。

 謎のエリアは、北墳丘墓西側に位置する日吉神社一帯のことを指している。ここは長年、考古学ファンの想像をかき立ててきた。公園内にある神社を移転することは既に関係者が合意しており、県はこの場所を公有地化し、発掘調査に乗り出す方針を示している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加