NHKの朝ドラ「おかえりモネ」で、主人公と登米(とめ)市の資産家の女性は台風の夜に生まれ、誕生日も同じ9月17日という設定だ。きょうは「台風襲来の特異日」◆確かに9月は台風が多い。思い出すのは30年前の1991年9月に襲来した台風17、19号。17号が14日、19号が約2週間後の27日に県内を横断した。台風は進行方向右側が風が強い。秋雨前線が九州北部にあり、前線上を西から東に台風が通過すると、佐賀県は危険度が上がる◆91年はまさにこのコース。17号は佐賀市で観測史上最高となる最大瞬間風速54・3メートルを記録し、多くの民家で屋根の瓦が吹き飛んだ。19号はそれ以上の被害を全国にもたらした。長崎、佐賀、福岡を横断後、猛スピードで日本海を北上し、北海道に再上陸。収穫間近だった青森県のリンゴ園を壊滅状態にし、「りんご台風」と呼ばれた。19号のフェーン現象により9月28日午前1時、富山県泊(とまり)で気温36・5度を観測。真夜中の30度超えという珍しい記録も残した◆特異日に必ず台風が来るとは限らないが、今月初旬に発生した台風14号は、17日に合わせるように九州の西に停滞している◆秋は台風への警戒を怠れない。今月はもう一つ、26日も台風の特異日に当たる。備えが「空振り」に終わったとしても、「素振り」と思えばいい。天気予報に耳を傾けよう。(義)

下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加