田村憲久厚労相

 田村憲久厚生労働相は16日、新型コロナウイルス感染症の重症化を防ぐ抗体カクテル療法の患者の自宅での投与に関し「来週あたりにはモデル事業のような形で進めたい」と明らかにした。「問題点を抽出し、全国展開を図りたい」とも語った。新型コロナウイルス感染症対策を議論する専門家組織の会合で述べた。まずは東京都内などでの実施を検討している。

 使用対象は当初、入院患者に限定していたが、現在は宿泊療養施設や外来診療でも認めている。病床が逼迫する中、自宅療養者の治療が課題になっており、往診で投与できるよう求める声が上がっていた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加