大和エネルギー(本社・大阪府)による唐津市七山の風力発電所計画を巡り、唐津市は15日、建設区域内にある市有の保安林について、開発する場合は県による指定解除の手続きが必要で、厳しい要件をクリアする必要があるとの認識を示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加