伊万里市は15日、新型コロナウイルス対策の新たな事業を発表した。ワクチン接種を行う医療機関に10万円以上、コロナの影響で売り上げが減少した事業者に4万円の支援金を支給する。

 市が医療機関に支援金を出すのは初めてで、1医療機関に10万円を支給し、ワクチン接種1回当たり150円を上乗せする。事業者への支援は、佐賀県が実施する「第3次佐賀型中小事業者応援金」の交付決定を受けた事業者が対象になる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加