報道陣の質問に答える立憲民主党の枝野代表=15日午後、東京都新宿区

 旧立憲民主、旧国民民主両党などが合流して生まれた立憲民主党は15日、結党から1年を迎えた。枝野幸男代表は、政府の新型コロナウイルス対策の遅れなどを厳しく批判した結果「菅政権を事実上退陣に追い込むことができた。大きな成果だ」と強調した。ただ党勢の伸び悩みに加え、共闘する共産党との選挙区調整は進んでおらず、課題になっている。

 枝野氏は「次期衆院選で政権の選択肢になるという合流の目標は1年で到達できた。ここからが戦いだ」と東京都内の視察先で記者団に述べ、結党1年を踏まえ、秋の政治決戦に向けた準備を加速させる考えを示した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加