杵島郡江北町は、新型コロナウイルスや大雨被害で収入が減少した世帯を対象に、学生の育英資金の貸し出し基準を緩和する。15日から改めて募集を始める。

 「コロナや豪雨で学びを止めない」として対象世帯が広がるように制度を見直した。判定の基準となる総所得額を「世帯全体」から「生計維持者」に変更。祖父母など同居者の所得は除かれることになる。

 育英資金は大学・短大生は年間36万円、高専生は15万6千円、高校・専修学校生は10万8千円を無利子で貸与する。卒業1年後から10年間で返済する。(小野靖久)

このエントリーをはてなブックマークに追加