今回の大雨では、地滑りの兆候があるとして、嬉野市が嬉野町大舟地区と塩田町南下地区に避難指示を発令。武雄市は西川登町矢筈と武内町鳥越、鯰淵の3地区に避難指示を出した。

 避難指示は10日までに全て解除されたが、県杵藤土木事務所が各地区に設置している伸縮計で、引き続き地盤の動きの観測を続ける。1時間で2ミリ動くと警報やメールなどで市や住民らに危険を知らせる仕組みで、動きに応じ各市が避難を促す。嬉野市は大雨警報時も対象となる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加