連携協定を締結した松田一也町長(右)と福岡淳二郎社長=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

連携協定の締結をサポーターに報告する松田一也町長(中央)=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 基山町とサッカーJ1・サガン鳥栖は11日、交流宣言に基づく連携協定を締結した。スポールを通じた子どもたちの健全育成や地域活性化などに取り組む。

 交流宣言ではサッカーを通じた地域交流や人材育成、健康づくりなどを確認。具体的な活動は今後両者で検討して決めるが、小中学生を対象にしたサッカー教室、ふるさと納税を活用したサガン鳥栖支援などを想定している。

 調印式は鳥栖市の駅前不動産スタジアムで清水エスパルス戦の試合開始前に開かれ、同町の松田一也町長とサガン鳥栖を運営するサガンドリームスの福岡淳二郎社長が協定書に調印した。スタンドのサポーターへの報告もあった。

 松田町長は「基山町はスポーツが盛んな地域。サガン鳥栖が活躍できるようしっかり応援していく」とエール。福岡社長は「町の活性化や子どもの育成などに一緒に取り組んでいきたい」と述べた。(瀬戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加