佐賀県唐津市の旧郡部を除く市域が対象になった「まん延防止等重点措置」は12日までで解除される。8月は東京都を上回る割合で感染が拡大する厳しい状況だったが、直近では1日10人以下にまで急減した。全国では緊急事態宣言延長の自治体も目立つ中、なぜ唐津市は封じ込めに前進できたのか。企業の分散出勤や唐津曳山取締会の「緊急通達」など複合的なコロナ対策が奏功したとみられる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加