佐賀市役所三瀬支所は、県産杉の木くずを燃料にしたペレットストーブで暖を取っている。冬の朝夕は氷点下を下回る標高400メートルの高地。天井が高い庁舎は冷え込みが激しく、1月に2台を設置した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加