試合後に健闘をたたえ合う鳥栖の金明輝監督(手前)と清水MF松岡大起=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 今夏、鳥栖から清水に完全移籍したMF松岡がスタメンで登場。純白のユニホームに身を包んだ松岡が古巣のピッチに立つと、鳥栖サポーターから温かい拍手が送られた。

 試合では、中盤でボールを奪いきる守備や素速いタッチでサイドに攻撃を仕掛けるプレーで好機を演出した。

 試合後、下部組織時代から指導を受けた金明輝(キン・ミョンヒ)監督と抱擁を交わす場面もあり、「デビュー戦の時ぐらい感極まった。勝って恩返ししたかった気持ちはあるが、これからピッチで示していきたい」。“師弟対決”で悔しさを味わいながらも、充実した表情でスタジアムを後にした。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加