新型コロナ対策本部会議で、市内の感染者数の推移を示す峰達郎市長=唐津市役所

 唐津市は10日、郡部を除く旧市域へのまん延防止等重点措置の12日まででの解除を受けて対策本部会議を開き、公共施設の多くを13日から開館することを決めた。近代図書館や道の駅など279施設が対象で、原則として利用者は9月末まで県内在住者とする。

 市健康サポートセンターさんてで行っている抗原検査は12日で終了する。離島への渡航や釣りの自粛は解除する。

 峰達郎市長は市民や事業者、医療従事者に向けて「言葉では言い表せないようなご尽力で、解除につながった」と感謝し、「まだ感染者の確認は続いているので、気を引き締めて感染防止策に努めたい」と話した。(横田千晶)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加