火曜サークルで、水引小物の梅結びを教わる参加者

 女性の心がキラッとときめく連続講座「火曜サークル」が8月から神埼市で始まった。服飾、健康、趣味の小物作りなど、10月まで5回にわたり専門の講師を迎えて教室が行われる。

 同市社会教育課中央公民館の職員が企画してコーディネーターとなり、2回目の講座は「おしゃれな水引小物」が千代田町の公民館であった。参加者は24人。さがみずひき講師の小川真由子さんが指導に当たった。参加者は最初に水引の基本となる結び方、淡路結びを習い、続いて梅結びを丁寧なアドバイスを受けながら完成させた。

 初回の「華やかに年を重ねる」では、装いの装身具や色の組み合わせ方を学んだ。9月の予定は「そば打ち体験」「足もみで健康に」で、10月は花の壁飾りを制作する「スワッグを作ろう」を計画。参加者は「どれも楽しみで、全講座出ます」と語っていた。

(地域リポーター・江原邦興=神埼市)

このエントリーをはてなブックマークに追加