鳥栖市は10日、福岡県の緊急事態宣言の期間延長を受け、市の公共施設の利用制限期間を12日から30日まで延長すると決めた。県外居住者の利用自粛を求め、開館時間は午後8時までに短縮する。

 一方、市民も含めて利用中止にしていた小中学校の運動場・体育館は13日から市内居住者のみ、午後8時まで利用可能とする。(樋渡光憲)

このエントリーをはてなブックマークに追加