佐賀市三瀬村のどんぐり村に1日夜、“地上の天の川”が出現した。長さ約90メートルに渡って敷き詰められた人工の樹脂が、ブラックライトに照らされて赤や青、緑色の光を放ち、一足早く七夕気分を演出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加