新緑の風が吹く5月に、リンゴのような香りを漂わせるのは、白くかれんなカミツレ(加密列)の花。ヨーロッパ原産の薬草で、民間療法に用いた歴史は4000年以上前までさかのぼるとされています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加