人身事故が起きた踏切で現場検証する警察官ら=9日午後3時45分ごろ、佐賀市兵庫町藤木の藤木踏切

 9日午後2時45分ごろ、佐賀市兵庫北7丁目のJR長崎線「藤木踏切」で、市内の30代男性が鳥栖発早岐行き(2両編成)の普通列車にはねられ、全身を強く打ち、現場で死亡が確認された。

 佐賀北署や佐賀広域消防局によると、現場は伊賀屋駅―佐賀駅間で、警報器と遮断機のある踏切。女性から「電車に人がはねられた。30代男性のようだ」と119番があった。

 JR九州によると、乗客約40人にけがはなかった。特急列車6本と普通列車6本が運休し、特急列車など7本が遅れ、約1500人に影響が出た。

このエントリーをはてなブックマークに追加