新型コロナウイルスの感染者数は、減少傾向にあるものの、まだまだ数は多い状況です。佐賀県の8日現在の自宅療養者数は90人となっています。感染しただけでも不安でたまらないのに、自宅療養となったら「急変したらどうしよう」「家族へ感染させたら」と不安は計り知れないものになります。

 白鷗大の岡田晴恵教授が執筆した「新型コロナ 自宅療養完全マニュアル」(実業之日本社)のPDF版がネットで無料公開されています。コロナ感染症の自宅療養に特化した内容で、1人暮らしの場合や、高齢者、子どもを含む家族などケース別にイラスト付きで分かりやすく説明してあります。家族を看病する時の服装や必要な物、症状の見分け方、共有スペースの感染症対策、汚物の処理方法など細かに記載されています。

 コロナ感染症に対して事前に心の準備をしておくことも大切です。無料公開期間は9月末までです。「新型コロナ自宅療養完全マニュアル無料公開」で検索してみてください。(パソコンスクール経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加