県内の新型コロナ感染者状況(9月7日現在)

新型コロナの県内感染者数(9月7日現在)

 佐賀県は7日、男女28人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内での感染確認は延べ5482人になった。

 市町別では唐津市が最も多い10人で、次いで佐賀市6人、鳥栖市4人。県によると、感染者集団(クラスター)が発生した鳥栖市の吉川運輸で新たに従業員3人の感染が分かり、関連の感染者は25人になった。

 九州電力は玄海原発(東松浦郡玄海町)の工事に従事する請負会社の20代男性社員1人の感染を新たに確認したと発表した。玄海原発関連の確認は8月13日以降で43人になった。

 県内の病床使用率は42・6%、軽症・無症状者を療養するホテルの使用率は39・4%。重症者2人、中等症患者108人、自宅療養者は100人となっている。(岩本大志、花木芙美)

【関連記事】