武雄市北方町の住民が植栽して育ててきた桜並木がJR佐世保線の複線化のため伐採されることになり2日、“最後の草刈り”をした。約100人が集まり、桜のトンネルを思い浮かべながら別れを告げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加