表彰を受けた、障害者雇用優良事業所の代表者らと、優秀勤労障害者の野方浩司さん(中央)=佐賀県庁

 9月の「障害者雇用支援月間」に合わせ、障害者の積極雇用などに取り組む事業所と、模範的に働く障害者への表彰式が2日、佐賀県庁で開かれた。県知事賞には社会福祉法人「椎原寿恵会」(鳥栖市)と自動車のシートカバーなどを手掛ける「旭九州」(鹿島市)、古賀商事(佐賀市)の野方浩司さん(45)=同市=が選ばれた。

 旭九州では、最終的な検査など責任あるポジションを障害者にも担ってもらったり、個別の作業が得意な場合は集中して取り組める環境を用意したりしている。白井弘之社長は「特性に合わせた仕事を担ってもらっている。今後も障害者雇用を進めたい」と話す。

 椎原寿恵会の中川原章理事長は「母が立ち上げた特別養護老人ホームが始まりで、私の弟に障害があったこともあり、障害者雇用は当初から大きなテーマだった」と受賞を喜んだ。(大橋諒)

 その他の被表彰者は次の通り。(敬称略)

 【高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長努力賞】ケイエスケイツール(佐賀市)、医療法人竜門堂(武雄市)、医療法人至慈会(杵島郡白石町)

このエントリーをはてなブックマークに追加