■攘夷に傾倒、秘密裏に行動 しのぶ碑文公卿つづる 大庄屋のあるじがこつ然と姿を消したのは、安政5(1858)年8月のことだった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加