「大麻(たいま)は、ほかの薬物と違(ちが)って安全だ」と聞いたことがありませんか? それは大きな間違(まちが)いです。
 近年、インターネット上で「大麻はタバコより害が少ない」「麻薬(まやく)中毒にはならない」など間違ったウワサが広がり、「ちょっとだけなら大丈夫(だいじょうぶ)かな?」と軽い気持ちで大麻に手を出してしまう若者(わかもの)が増(ふ)えています。
 大麻を使用すると脳(のう)の細胞(さいぼう)が死んでしまい、いろいろな障害(しょうがい)を引き起こします。また、大麻は、自分自身が中毒状態(じょうたい)になっていることに気付きにくい薬物ですので、「いつでもやめられる」と勘違(かんちが)いしてしまい、本気でやめようと思った時になって初めて「やめることができない」ことに気付くとても危険(きけん)な薬物です。
 もし、友達や先輩(せんぱい)などから「大麻をやってみないか。」と誘(さそ)われても、強い心を持って「いやです、やりません」とキッパリと断(ことわ)ることが大切です。 
 断りづらい雰囲気(ふんいき)があるならまずはその場から離(はな)れてすぐに学校の先生や警察(けいさつ)に相談してください。
 警察に相談することで誘ってきた友達や家族が捕(つか)まってしまったら…と心配になるかもしれませんが、本人にとってもまわりの人にとっても、相談することが一番良(い)い結果につながります。
 本当にあなたを助けてくれるのは、悪いことに誘う友達でも先輩でもなく「断る勇気」と「正しい知識(ちしき)」です。ウソやウワサ、その場の雰囲気に流されないで、正しい判断(はんだん)をしてください。
(組織犯罪対策課 警部補 濱野晃久)

このエントリーをはてなブックマークに追加