白石町は3日、6日開会の定例議会に提案する本年度一般会計補正予算案を発表した。補正額は2億9615万円で、補正後の総額は前年同期比11・1%減の175億2053万2千円。

 主な予算は、白石中の特別教室11カ所のエアコン新設・更新費6800万円、中央公園と総合運動場のトイレの自動洗浄化や手洗いの自動水栓化を図る費用2200万円、しろいし特産物直売所と菜海ありあけの2カ所の直売所に200万円ずつを支給する運営支援金400万円など。

 定例議会にはこのほか、2020年度の決算認定など12議案を上程する。(小野靖久)

このエントリーをはてなブックマークに追加