佐賀県は2日、9月定例県議会に提出する167億1735万円の2021年度一般会計補正予算案を発表した。うち新型コロナウイルス対策に約66億円を充て、軽症者向けの臨時医療施設を開設するなど医療提供体制の強化を図る。国史跡指定に答申された鉄道遺構「高輪(たかなわ)築堤」(東京都港区)の石垣を県内に移築し一部復元する事業などを盛り込んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加