交通事故の後遺障害を訴えていた男性に対し、東京海上日動火災保険の佐賀損害サービス課(佐賀市)の担当者が所定の手続きをせずに「後遺障害には該当しない」とする文書を自作して送っていたことが5日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加