サッカー・J1サガン鳥栖の運営会社サガン・ドリームスの福岡淳二郎社長は1日、金明輝(キン・ミョンヒ)監督が選手らに対して継続的に暴力、暴言などのパワーハラスメント行為を行っているとの匿名の告発文書が、日本サッカー協会(JFA)に提出されたとの報道を受けて、クラブの公式サイトを通じてコメントを出した。

 福岡社長は「このたびの、金明輝監督に関する一連の報道に関し、ファン・サポーターの皆様ならびにスポンサー様をはじめ、クラブに携わってくださる関係者の皆様には、多大なるご心配をおかけし、大変申し訳ありません。弊クラブとしましては、現時点においてJリーグおよび日本サッカー協会からの詳細な連絡を受けておりませんので、正確な情報を把握したのち、今後、対応の必要性が出てくれば、誠意をもって迅速に取り組んで参ります」としている。

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加