旧唐津市へのまん延防止等重点措置適用を受け、赤くライトアップされた近代図書館=唐津市新興町

 新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置が旧市域に適用されている唐津市は30日夜、新興町のJR唐津駅そばの近代図書館を赤くライトアップした。適用期限の9月12日までともし、市民に感染予防や慎重な行動を呼び掛ける。

 市内では8月中旬から感染者が急増し、特に旧郡部を除く市域で増えていることから、27日からまん延防止等重点措置が適用されている。飲食店の営業時間短縮に加え、近代図書館を含む200を超える公共施設が臨時休館となっている。

 感染が危機的状況であることを伝えるため、市の中心部にあり、シンボル的存在でもある近代図書館のライトアップを決めた。点灯時間は午後7時から午前1時までで、市生涯学習文化財課は「警戒感を強めて、不要不急な行動を控えてほしい」と呼び掛けている。

 佐賀県も26日以降、県庁旧館を赤色にライトアップし、危機を強調している。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加