佐賀南署は26日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、佐賀市の男(56)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は26日午後9時5分ごろ、佐賀市本庄町の国道208号で酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した疑い。「昨日の酒が残っていた」と否認している。

 南署によると、パトカーの後方からクラクションを鳴らす車に停止を求め、運転していた男に職務質問をしたところ、呼気1リットル中0・58ミリグラムのアルコールが検出された。

このエントリーをはてなブックマークに追加