学校での主な感染症対策

 新型コロナウイルスの急激な感染拡大を受け、佐賀県教育委員会は26日、学校での部活動を自粛するよう県立学校に通知した。私立学校や市町教育委員会にも周知する。佐賀県に適用された「まん延防止等重点措置」の期間に合わせ、9月12日までとしている。

 県の対策本部会議で落合裕二教育長が示した。部活動は従来、県内外での交流や大会参加を自粛するよう求めていたが、複数の部活動でクラスター(感染者集団)が発生し、より踏み込んだ対策を打ち出した。

 運動部や文化部を含む全ての部活動が対象になる。落合教育長は「夏休み期間中にクラスターが出ている」と警戒感を示し、活動自粛を求めた。

 また、通学時には時差登校を実施していく方針を示した。具体的な対象校や時期を調整している。陽性者が確認された場合、所属する学級や部活動をいったん閉鎖する対応も改めて求めた。閉鎖した場合はオンライン授業に移行する。

 落合教育長は「学校での感染対策を一層強化し、2学期に備えたい」と述べた。(岩本大志)

【関連記事】