記者会見する唐津市の峰達郎市長=25日、唐津市役所

 唐津市の峰達郎市長は25日の定例会見で、まん延防止等重点措置の適用について、旧郡部にとどまらない市全域での適用が適当との認識を示しつつ、「感染者を一日でも早く減らしたい思い。まん延防止措置の効果が出ることを期待している」と述べた。

 時短営業や一時休業となっている飲食店などの事業者に対しては「唐津市は観光で成り立っている地域。夏休みの時期にこういった形になったことは申し訳ない」とし「一人一人が改めて自覚を持ち、一緒になって感染拡大を抑える必要がある」と理解を求めた。

 市内のワクチン接種率は22日現在、2回目を終えた人は対象の45・6%。内訳は65歳以上が88%、64歳以下が20%となっている。

 市教育委員会は、9月1日に予定している学校再開について対応を検討中と説明している。今後の市内の感染状況を考慮し、最終的には27日の校長会で報告する見通し。(横田千晶)

【関連記事】