東京パラリンピック開会式直前に、東京の空を赤、青、緑の3色のスモークで彩った航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」。6機編隊の5番機を務め、赤いスモークを引いた三養基郡みやき町出身の河野守利3等空佐(38)は「コロナ禍で大変な中、明るい気持ちになるきっかけになれば」と思いを込めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加