佐賀牛カレー(税込み950円)

レトロでモダンな外観

 中央大通りと十間堀川が交わる場所にあるモダンな洋館。看板には「佐星醤油」の文字。土日が定休日のようなので、今まで気にはなっていましたが、仕事が土日休みの私は営業している場面になかなか出合えませんでした。

 この建物は、創業124年になる醤油醸造元「佐星醤油」さん。昭和6(1931)年頃に建てられた社屋だそうです。中に入ると、佐星醤油の歴史やアンティークな時計・そろばんなどが展示されています。それから、一番目立つテーブルには「佐賀牛カレー」と書かれたレトルトカレーが置かれています。取締役の吉村篤さんによると、創業120周年を記念して作られたカレーは、佐賀牛の希少部位「すね肉」を使用しトロトロになるまで煮込んであるとのこと。ルーは子供やお年寄りでも美味しい中辛で、「何回食べても飽きない味」にこだわったそうです。一つ950円(税込み)、レトルトカレーとしては決して手頃な価格ではありませんが、遠くに住む佐賀出身の方へ、お土産やふるさと納税の返礼品としても人気があるようです。

 そしてもちろん、私もいただいてみました。感想としては、ご褒美にこのカレーがあると思うと大概のことを頑張れそうな感じ。まさに「佐賀に生まれて良かった」と思えるカレーだと思います!(「街なかかわらばん」市民ライター・桑原康子)

このエントリーをはてなブックマークに追加