作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(94)が5日、名誉住職を務める岩手県二戸市の天台寺で、この寺の住職になって30周年を記念する特別法話を行い、ユーモアを交えた話に約5千人が聞き入った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加