■手取り月20万円弱、週3日副業 小城市議会(定数22)は昨年12月、2018年2月の改選から定数を2削減する条例改正を決め、政務活動費の制度化は必要としつつ議論を続けている。若手市議の実情を探った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加