さがプリンマップで紹介されているプリン。写真や店舗情報も掲載する

お披露目会で販売されたプリンを選ぶ家族連れ=佐賀市の佐賀空港2階イベントスペース

 佐賀県産のイチゴやうれしの茶を使ったり、なめらかな口当たりを追求したりするなど県内の個性豊かなプリン49種類を紹介する「さがプリンマップ」が完成した。このほど佐賀空港であったお披露目会では、作成した「プリン県さが実行委員会」のメンバーが利用客に配布し、「佐賀をプリン県に」とアピールした。

 実行委員会はみやき町の牧場で自家製プリンを販売する大富藍子さんが「大好きなプリンで地域活性化を目指そう」と呼び掛け、昨年結成した。マップ作りは会員らが情報を持ち寄り、試食会などを重ねた。委員長を務める大富さんは「県内のプリンは魅力的なものばかり。マップ片手に食べ歩きしてもらえたらうれしい」と期待を込める。

 マップには商品の写真とともに「ミルク感」「たまご感」「かたさ」など、プリンの特徴を示すマークをつけ、店舗の電話番号や定休日も掲載した。県内のプリンを網羅するため、第2弾、第3弾のマップ発行も視野に入れる。

 お披露目会は8日に開かれた。大町町から訪れた会社員女性(42)は「家族全員プリンが大好き。マップを手に入れるのを楽しみにしていた」と笑顔を見せた。(石黒孝)

 「さがプリンマップ」はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加