■議会側「負担考え苦渋の選択」/住民側「まるで待遇改善要求」 定数を削減する一方、議員報酬を増額し、議員のなり手発掘につなげる-。多久市議会が示した議会改革案が波紋を広げている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加