唐津市教育委員会は21日、市内の新型コロナウイルス感染状況を考慮し、市立小中学校で全校の一斉登校日としていた25~31日の平日5日間の登校を取りやめると発表した。始業式は通常通りの9月1日を予定している。

 市教委によると、全校の一斉登校は取りやめるが、一部の児童生徒の登校や分散登校など感染リスクを低減した上での登校は学校長判断で可能としている。

 市は年3回の土曜授業の代わりとして、本年度から5日間の一斉登校日を設定。平日午前中のみの約20時間を確保し、体育祭の練習や通常授業に充てる予定だった。代替日は設けていないが、学校教育課の担当者は「学校のやりくりで差し支えないとみている」と話している。

 放課後児童クラブについては午前8時15分から正午までは小学校で、それ以降は通常どおり児童クラブで受け入れる。(横田千晶)