■守備の連係に手応え ラストワンプレー。相手のヘディングシュートをMF高橋が頭でクリアすると、試合終了の笛が鳴った。鳥栖はJ1屈指のパスワークを誇る川崎の攻勢をしのぎ、1-1でドロー。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加